ダウ平均株価

米国株

ダウ平均株価

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが、アメリカのさまざまな業種の代表的な銘柄を選出し、平均株価をリアルタイムで公表する株価平均型株価指数です。以前はダウ・ジョーンズ社により公表されていましたが、2010年に「ダウ平均株価」に関する所有権のうち90%がダウジョーンズ社からCMEグループに対して6億750万ドルで譲渡され、ダウ・ジョーンズ・インデックス社の公表に移行、2012年7月にS&P ダウ・ジョーンズ・インデックスの算出に移行しました。ダウ平均株価には、「ダウ工業株30種平均」、「ダウ輸送株20種平均」、「ダウ公共株15種平均」の3種類と、これらをあわせた「ダウ総合65種平均」があります。

NYダウの特徴は、「優良株30銘柄」としている点です。通常、日本の株価といえば日経平均株価を取り上げることが多いでしょう。日経平均株価はそれなりに偏りがあるともいわれますが、それでも225種類の平均株価指数です。しかし、世界の株式市場で日経平均株価よりも断然注目されるNYダウは、たった30銘柄の平均株価指数なのです。もっとも、NYダウの構成銘柄の時価総額は761兆円に及びます(2018年12月14日時点)。東証1部全2109銘柄の時価総額は363兆円ですから、一つひとつの企業がいかに巨大かがわかります。

また、指数の計算方法は時価総額で構成ウェートを算出する「加重平均」ではなく、見た目の株価を単純に平均した「単純平均」です。したがって時価総額が大きい銘柄よりも、見た目の株価の大きい銘柄の構成ウェートが高くなります。
引用元:https://allabout.co.jp/gm/gc/22910/

採用銘柄

アメリカン・エキスプレス
ボーイング
キャタピラー
シスコシステムズ
シェブロン
デュポン
ウォルト・ディズニー・カンパニー
ゼネラル・エレクトリック
ゴールドマンサックス
ホームデポ
アイ・ビー・エム
インテル
ジョンソン・エンド・ジョンソン
JPモルガン・チェース
コカ・コーラ
マクドナルド
スリーエム
メルク
マイクロソフト
ナイキ
ファイザー
P&G
エーティーアンドティー
トラベーズ
ユナイテッドグループ
ユナイテッド・テクノロジーズ
ビザ
ベライゾン・コミュニケーションズ
ウォルマート・ストアーズ
エクソンモービル

コメント

タイトルとURLをコピーしました